Browsed by
カテゴリー: 未分類

スマホビジネスの現実

スマホビジネスの現実

2012年頃から日本社会の中でスマホが少しずつブームとなり、2015年頃から格安スマホの導入で一気に若者中心にスマホの利用が拡大した。

今や日本の若者の80%以上がスマホを持っているんではないかと思う。

現在、携帯電話を利用している人は、かなりの変わり者か貧困家庭の人しかいなくなってしまった。

そんなスマホを利用した新しいビジネスがこの数年の間にたくさん生まれた。アマゾンや楽天などの物販は有名だが、このスマホビジネスで急激に伸びた業種が出会い系アプリとアダルトゲームだということはあまり知られていない。

特にスマホ対応のアダルトゲームに関しては、関連ビジネスを展開した新しい業者は、1ヶ月で1億円もの売り上げを記録した人も少なくない。

このスマホ対応のアダルトゲームで大儲けしてタワーマンションなどに事務所をかまえたベンチャー企業もたくさんあった。

しかし、その後がいけなかった。スマホ対応のアダルトゲームは、単なるブームで終わり、儲かった業者も2年くらいしか儲けることができなかった。

新規参入が増加し、それに、新しい技術の導入やキャラクターの作成などでゲーム自体のコストもかかり赤字のゲーム会社が続出するようになった。

当然のごとく、関連企業の中でも黒字が減り、タワーマンションから引っ越す業者も続出した。

やはり、商売は、スマホのような新しい技術といえども、ブームに乗っかるだけではダメで、息の長いビジネスでなければ生き残れない。

スマホ対応のアダルトゲームは、そんな商売の基本を教えてくれたと思う。

しかし、スマホ対応のサービスがすべてダメというわけではない。同じアダルトコンテンツでもアダルト電子コミックはじっくりゆっくりと高収益をあげて、スマホコンテンツの中でも有力なビジネスとなって成長している。

アダルトゲームのように大きく儲けている企業は少ないが、これから、息の長い成長分野となり続けるだろう。

このアダルトコミックという分野は、非常に才能に溢れたコンテンツを制作する作家がたくさんいる。

人気同人サークルのまろん☆まろんなどがそのいい例で、電子コミックで配信された同人作品は、総計ですでに、50万部以上も売っている。

これから、スマホ対応の電子コミックがもっと普及すれば、100万部を売るたいへんなアダルトコミック作家がどんどん生まれることになるだろう。

人口知能万能の時代は本当か

人口知能万能の時代は本当か

人口知能がこれから10年で人間の職業を徹底的に奪って仕事がほとんどなくなるという人がいる。

いろんな意見を言う人がいるが、そういう人の共通点としてあげられるのは、人間が真面目だということだ。

だから、社会の根本にある、人間の欲望や本質みたいなことが理解できていない。

例えば、昔、松下のVHSとソニーのベータがビデオ覇権を争った時期があった。

この争いの勝敗を決定づけたのは、村西とおる氏が制作した裏ビデオだった事実はあまりにも有名な話だ。

VHSは、自分のところにビデオを購入してくれた顧客に対しては、裏ビデオをサービスしたのだ。

このサービスが起爆剤となってこのVHSとベータのビデオ戦争は松下の勝利となった。

松下は、このサービス提供で、逮捕者まで大量に出したと聞く。

こういう、企業間の歴史的な動きを今の人口知能を語るエコノミストは理解できているとは思えない。

人口知能がいくら発達したとしても、人間が考えるアダルトコンテンツなどの世界には人口知能は敵わないと思う。

例えば、今の時代、NTR系の同人誌が大人気になっているが、このNTRという特殊性癖を人口知能は理解できるだろうか。

NTRとは、寝取りや寝取られという特殊性癖のことを指す。現在大ヒットしている、あらくれの新作、夏休みに会えなかった僕の彼女は。などが典型的なNTR系の作品だ。

今の同人誌の世界は、こういったNTR系の同人誌が爆発的な人気になっている。

こういう特殊性癖のシナリオや漫画を人口知能が描いたら、おそらく、とんでもないバカげた支持されない作品が生まれるはずだ。

だから、おそらく、10年後も多少は人口知能が、仕事を奪うと思うが、それは、昔、パソコンがなかった時代や計算機がなかった時代、それぞれ技術革新が起こり、そろばんやワープロがなくなった程度の変化で終わると思う。

スマホ対応のコンテンツの危険性

スマホ対応のコンテンツの危険性

ホステルというホラー映画を見たことがある人は多いと思う。とんでもなくこわいホラー映画だ。

映画評論家の中には、あの映画をホラー映画の傑作と言う人がいるが、あんなおそろしい映画を一般の子供たちに見せたらえらいことになると思うが、問題になっていないのが不思議だ。

今スマホの普及でユーチューブなどで、ホステルのようなホラー映画のダイジェストシーンが簡単に見られるようになっている。

今の小学生くらいの男の子や女の子が、こんな映像を見てしまえば、必ず影響をうける子が出てくるだろう。

識者の中には影響をうける人が悪いのであって映画自体は悪くないという意見の人が多い。

しかし、ここで問題なのは、たとえば1000人がホステルを見たとしてその中の1人がへんな影響をうけてしまい殺人事件を起こしてしまったとする。

999人は全く大丈夫で1人のために、映像の自由を制限してしまっていいのかなんて議論になったらどうするつもりなんだろう。

この1人が大量殺人なんておかしてしまったら、たいへんな社会問題になるし、ホステルレベルのホラー映画を制限してしまったら、ホラー映画は商売ができなくなるだろう。

こういう問題は、スマホの技術が進歩するほど問題になってくるだろう。

しかし、それとは逆に、あまり問題になっていないのが、電子コミックだ。こちらの業界は、子供たちの学力低下ぐらいが問題になっているだけであってあまり社会的な問題になっているとはいえない。

ゴミ屋敷とトイプードルと私などの人気女性コミックの内容を見てこれはどうなのかと最初は思ったが、直接的にこのようなコンテンツに影響されて事件を起こしたなどという話は聞いたことがない。

そうやって考えると電子コミックは今のところはかなり安全なコンテンツだと評価することができるだろう。

スマホがどれだけ生活コストを安くした?

スマホがどれだけ生活コストを安くした?

スマホが普及してもう5年もの年月が経つ。

その間に格安スマホなどが登場して日本人の生活コストをかなり押し下げてくれている。

いい例がインターネットのアダルトコミック配信だ。昔、アダルトコミックを買いに行くには、だいたい本屋まで車で行かなくてはならなかった。

そして、アダルトコミックの新作を1冊買うと最低600円ぐらいしたと思う。

今FANZAなどでアダルトコミックを視聴すると1週間のレンタル視聴だと安い作品で100円ぐらいで視聴できる。スマホが普及した今の時代から考えると車代やガソリン代、それから、交通時間などを含めると、1回アダルトコミックを楽しむだけのコストで1000円ぐらいのコストと時間が必要になった昔は、かなりのムダがあったと思える。

それに本屋は、店員の目もある。

今はこういう面倒くさい手間がいっさいはぶけてスマホ1台ですぐにいろんなアダルトコミックが楽しめる。

すごくいい時代になった。

だから、インターネットのアダルトコミック配信は、ビックチャンスを得ていると思う。

そういうスマホドリームを実現しているのがFANZA同人などで同人誌を配信している人気同人サークルたちだ。

人気同人サークルの1つヨールキ・パールキなどは、S家に嫁いだM嬢の日常のような作品を制作して大ヒットしている。

少人数でショタや人妻などのマニアなアダルトコミックを制作しネット配信するだけで、日本全国の同人誌ファンがFANZA同人のサイトから、自分たちの作品を買ってくれる。

だから、ヨールキ・パールキなどの人気同人サークルは大儲けしている。

このビジネスがいいのは、営業活動が全くいらないというところだ。

本屋で1000人のお客を獲得するには、へたをすると1週間ぐらいの時間がかかるんではないか。

そんなすごい売り上げをネットの時代になるとスマホを通して1日で獲得してしまうからすごい。

コンビニ業界の栄枯盛衰

コンビニ業界の栄枯盛衰

ここ20年の日本経済で最高の成長産業の1つがコンビニだったと思う。

若い人たちのライフスタイルの変化をたくみにとりこみ一気に高成長産業となった。

フランチャイズに加入していい目をみた人はたくさんいたと思う。

しかし、最近では問題が多発してブラック労働業種の1つとなってしまった。

メイン顧客が60歳以上の老人ということで、あまり消費をしなくなり、これから本格的な高齢化社会となればもう一段上のひどい消費減が予想される。

テレビやインターネットでコンビニ経営はあまくないぞという情報が流れてもフランチャイズ募集の応募がなくならないのは、それだけ日本人のサラリーマンが追いつめられている証拠だと思う。

このコンビニ業界がこれからたいへんなのは、アルバイトの社員教育だろう。

ポイントカードなどのカードの仕組みについても、スマホと必ず連動する仕組みになっている。

スマホを使ってみたこともないような人にスマホと連動したポイントカードの仕組みを理解させようとしてもそれは無理な話だと思う。

それに今の時代、そもそも、20代のアルバイト店員を雇うことだって難しいのだ。

こうやって考えてみると、コンビニ業界はスマホに対応することは非常に難しい業種と言える。

どうやってスマホ対応サービスを60過ぎたスマホを使ったこともない人に教えればいいというのだろうか。

そんな厳しい業種となってもコンビニのフランチャイズ募集は全く減らないと思う。

土地の有効活用でもう何をやろうと活用のしようがないし、土地を持っている人はほかっておいても多額の固定資産税をとられてしまうので、なんとしてでも手持ちの土地資産はキャッシュを生み出す資産にしたいはずだ。

不動産の資産価値などをすぐに教えてくれるイエウールなどの不動産情報サイトなどは、そんな需要を取り入れて爆発的な人気サイトになっている。

20代女性のスマホの使い道

20代女性のスマホの使い道

今の20代の女性たちが、スマホで何を検索して見ているか疑問に思ったことはないだろうか。

おしゃれや友達とのコミュニケーションなどいろいろあるように思えるが、意外に20代の女性たちの間で人気になっているスマホのコンテンツは恋活アプリなのだ。

タップル誕生などの人気恋活アプリで配信されている恋活イベント情報などに現在の20代の女性は超敏感になっている。

今の若い女性は、過酷なビジネス環境の中で刺激のない生活にあきてしまった人が多い。そんな女性たちが、ストレス解消ツールとして利用しているのが、人気になっている大きな原因なのだろう。

それに今の恋活アプリはスマホで気軽に楽しめるようになってしまった点も大きい。彼女たちは今、必死になってスマホで恋活情報を検索している。

今のスマホで楽しめる恋活アプリは、ゲーム感覚でいろいろなジャンルの男性を検索することができる。

それに、格安で面白い恋活情報を探し当てることもできる点でも好奇心旺盛な女性をトリコにしやすいと言える。

5年もすれば、この恋活産業は、一大産業となって日本の基幹産業となる可能性もあると思う。

それは女性のニーズの数が桁違いだからだ。

おそらく、都市部だけのニーズだけで、100万単位のユーザーがいると思う。

刺激のない生活にあきて悲鳴をあげている女性はすごい数いるのだ。

スマホの普及で最も人気となった業界

スマホの普及で最も人気となった業界

スマホが日本社会に普及してもう5年くらいが過ぎた。格安スマホがどんどん普及して、もう日本人のスマホユーザーの約10%が格安スマホのユーザーとなってしまった。

この格安スマホの普及の動きはもう止まらないだろう。

あと5年で全スマホユーザーの半分は、格安スマホユーザーとなるだろう。

そうなると、格安スマホのユーザーがいろんなスマホコンテンツを楽しむことになるが、その筆頭がスマホで漫画を読める電子コミックだ。

現在、いろんなジャンルの電子コミックが大人気になっている。中でも1番注目なのがアダルト系の同人誌だ。

アダルト系同人誌人気の勢いは凄まじいものがあり、アダルトコンテンツの中で1番人気のコンテンツになるではないかと思えるぐらいファンの購買意欲は高い。

今、このアダルト系同人誌の配信サイトで1番人気となっているのが、FANZA同人だ。

FANZA同人の人気作品の販売状況を見ていると、水無月三日の夫は獄中、一方妻は・・・のような、人気サークルの新作が配信開始されると1日で1000部とか余裕で売れてしまうからすごい。

こんなことは10年前のインターネットの世界のことを考えれば信じられないような変化だ。

サービスの内容を見てみても、注目なのが、品数と価格だ。ほとんどの人気同人作品が、過去の作品から、すべて置いてあってしかも、実際の漫画本よりも安価に配信されている。

配信スピードやアフターフォローも万全だ。

FANZA同人のような新しいスマホ対応ビジネスは、これからも、ますます、大儲けするだろう。

格安スマホが日本を変える

格安スマホが日本を変える

優秀なMVNOが日本にはたくさん現れて格安スマホが爆発的に普及している。このペースなら、日本はあと数年で世界に冠たるスマホ大国になるだろう。

キャリアスマホの会社は、格安スマホの会社にシェアを奪われて大リストラとなるのではないか。

格安スマホ普及の勢いはそれぐらいのスピードだ。

そんな中で、最も、格安スマホ普及に貢献している会社の1つがトーンモバイルだ。トーンモバイルはすさまじい会社だ。

得意の子供向けサービスの分野に絞った格安スマホサービスにいろんな会社と組んだ新しい革新的なサービスを展開している。へたをすると来年は格安スマホのシェアで1位の会社になっているかもしれない。

この格安スマホの普及で1番大きな変化をとげるのが、教育の分野だと思う。

もう、数学なら数学、歴史なら歴史と、1番優秀な教師のストリーミング映像をスマホで見れば授業を受けなくてもよくなる。

ということは、大量に予備校教師が失業することになるが、これは時代の変化だからどうしようもないことだ。

教育産業にとっては、格安スマホの不況はとんでもないことになるがスマホユーザーの立場になればこれだけすばらしいスマホの環境が整えられればお小遣いや時間の節約が非常に進む。

そうなったら、へたな景気対策よりも効く効果を日本経済は受けることになる。

格安スマホの普及は、実質、減税政策と同じだ。

そしてもう1つ発展する産業がある。それはアダルトコンテンツ産業だ。特に芸能人AVなどの新しいアダルトコンテンツの分野はこれから猛烈な人気となるに違いない。

20代のOLや主婦を中心に時間に余裕がある女性の暇つぶしアイテムとしても絶好のアイテムとなるだろう。

それに芸能人AVなどは安くて非常に刺激的だ。

すでに高橋しょう子や三上悠亜などの元芸能人のAVが、すごい人気となっているがこれは一時的なものではなく、これからもどんどん新しいヒット作が生まれるだろう。

スマホを景気対策で利用しよう

スマホを景気対策で利用しよう

政府がいろんな景気対策を考えて、数兆円規模の予算を組んでがんばっている。

いろいろと知恵を絞って考えているが、どうして従来型のお金をかける景気対策ばかり考えるのか。

お金をかけなくても、スマホを使っていろんな景気対策が打てる。それは教育だ。例えば、政府が日本で1番数学を教えるがうまい学校の先生を雇ってスマホで無料の数学教室をやったらいい。

1人1億円で雇っても10人で10億円だ。その教室を無料で開放すれば塾代はいらなくなる。

すごい効果を生む景気対策だと思う。

それから、認知症対策や、糖尿病対策などいろんな健康対策のための健康講座なども政府が1番いい医者を雇ってスマホで無料開放すればいい。

1人1億円で、これも10億円だ。

これで、糖尿病やボケ老人対策が劇的に進むはずだ。両方でたった20億円。

おそらく、この2つの景気対策で、医療費は劇的に下がり、日本の若い男女の教育水準もかなりアップする。費用対効果は100倍ぐらいあると思う。

子供の行方不明対策のためのスマホ

子供の行方不明対策のためのスマホ

最近、山中でよく子供たちが行方不明になる事件が増えた。痛ましい事件だが、こういう問題に最も上手く対応できるデバイスがスマホであることは疑いない。

スマホを子供1人に必ず持たせることを国が義務化すればいいと思うが、贅沢だなんだといろんなことを言う人がいるのが現実だ。

それなら、教育関連情報専門の情報だけを見ることができる子供用スマホを作ればいい。

それと、その子が道に迷ったような動作をした場合、自動的にそのスマホがその子供の位置を衛生情報で警察に知らせるシステムなども作ればいいと思う。

この財政難の時に国がそこまでできるのかなんて言われそうだが、どこかの国の海外援助に4000億円だとか、国連に何千億円だとかそんな援助は半減してしまえばとてつもないお金が日本政府には生まれるのではないのかといつも思う。

それから、大事なことは、政府が主導で、へんな国策のスマホ端末などを子供用に作ることはやめた方がいい。

必ず失敗して、官僚の天下り先にされてしまうのがおちだ。

こういう政策は民間の技術革新が進んだスマホ会社に一任することが望ましい。

今はMVNOがいろんな画期的なサービスを提供していて、子供向けサービスはトーンモバイルが1番面白いもの製造している。

だから、政府は、へんなことを考えず、格安スマホ業界に対して3年間の減税措置をとったりすることを考えればいい。

そうすれば、ただの減税措置で、子供用スマホは、日本中で、大流行して子供の行方不明事件などは激減するだろう。

そして、もう1つ大事なことは、スマホ対応のオンラインゲームなどにへんな規制をかけないことだ。

現在、神姫PROJECTのような多少アダルト色の強いスマホ対応のオンラインゲームが大人気だ。神姫PROJECTがプレイしたくて、スマホを買う若い人も多い。

だから、政府が今へんな規制をかけると日本人全体にスマホが普及するスピードが非常に遅くなる。これは国家的損失だ。

アダルトビデオの普及が日本の家庭にビデオの普及を拡大させた例があるように、スマホも多少のアダルト色が強いコンテンツも許容させる雰囲気がないとスマホによる安全技術の発展も遅れてしまうだろう。

今の日本政府には大人の対応が求められる。