スマホがどれだけ生活コストを安くした?

スマホがどれだけ生活コストを安くした?

スマホが普及してもう5年もの年月が経つ。

その間に格安スマホなどが登場して日本人の生活コストをかなり押し下げてくれている。

いい例が電子版のアダルトコミックだ。昔、アダルトコミックを買いに行くには、だいたい本屋まで車で行かなくてはならなかった。

そして、アダルトコミックを新作で1冊買うと最低500円ぐらいしたと思う。

今FANZAなどでアダルトコミックを購入すると1話買いで平均100円ぐらいで購入できる。スマホが普及した今の時代から考えると車代やガソリン代、それから、交通時間などを含めると、1回コミックを楽しむだけのコストで1000円ぐらいのコストと時間が必要になった昔は、かなりのムダがあったと思える。

それに本屋は、店員の目もある。

今はこういう面倒くさい手間がいっさいはぶけてスマホ1台ですぐにいろんなアダルトコミックが楽しめる。

すごくいい時代になった。

だから、電子版のアダルトコミック産業は、ビックチャンスを得ていると思う。

そういうスマホドリームを実現しているのがFANZA同人でなどで活躍している同人作家たちだ。少人数で同人誌を制作しネット配信するだけで、どんどんアダルト同人誌ファンの人たちがFANZA同人から同人誌を買ってくれる。だから人気サークルは大儲けしている。

このビジネスがいいのは、営業活動が全くいらないというところだ。

チンジャオ娘のような、人気同人サークルは、人をダメにするちょいブス~顔40点、身体120点の彼女~のような面白い作品を制作して1日で200もの売り上げを記録したりしている。

本屋で100人のお客を獲得するには、へたをすると1週間ぐらいの時間がかかるんではないか。

そんなすごい売り上げをネットの時代になるとスマホを通して1日で獲得してしまうからすごい。


Comments are closed.