スマホがこれから革新的な進歩を向かえる

スマホがこれから革新的な進歩を向かえる

スマホ時代になるということは今までたくさん識者がいろんな意見を言ってきた。

それでも、1番に影響を与える分野は医療分野であることを指摘する識者は少ない。人口知能が本格化して1番革新的な進歩を向かえるのは医療分野だ。

これは劇的な進化を向かえる。例えば、今、胃カメラ、ガン検診、血圧、糖尿病などこれらの検査をしようと思えば交通時間も含めれば軽く2時間ぐらいかかるようになる。

しかし、スマホから照射される赤外線を少し自宅であてるだけで、このすべての検査が一瞬で終わってしまうことが実現したらどうなるだろうか。

おそらく、医療分野に従事する人間の半分はリストラされるような世の中になってしまう。

信じられないことかもしれないだろうが、このような技術は人工知能の発達によってもう5年もすれば実現してしまう。

本当にとんでもない世の中がこれから実現しようとしている。

この医療分野の革新的な動きによって1番の問題になるのは、大量の失業者になるだろう。

しかし、悪い面ばかりではない。老人医療費の問題が現在、大問題と言われているが、このスマホの革新的な技術の進歩によって一気に日本の老人医療費の問題は解決に向かうはずだ。

老人医療費が安くなるとあまったお金を高齢者が他のことにつかうようになる。

そうなった場合、高齢者主体の新しい産業が生まれることになる。

だから、スマホの技術革新は、日本経済を根底から変えるすごい地殻変動を起こす可能性が秘めていると言っていいと思う。


Comments are closed.