コンビニ業界の栄枯盛衰

ここ20年の日本経済で最高の成長産業の1つがコンビニだったと思う。

若い人たちのライフスタイルの変化をたくみにとりこみ一気に高成長産業となった。

フランチャイズに加入していい目をみた人はたくさんいたと思う。

しかし、最近では問題が多発してブラック労働業種の1つとなってしまった。

メイン顧客が60歳以上の老人ということで、あまり消費をしなくなり、これから本格的な高齢化社会となればもう一段上のひどい消費減が予想される。

テレビやインターネットでコンビニ経営はあまくないぞという情報が流れてもフランチャイズ募集の応募がなくならないのは、それだけ日本人のサラリーマンが追いつめられている証拠だと思う。

このコンビニ業界がこれからたいへんなのは、アルバイトの社員教育だろう。

ポイントカードなどのカードの仕組みについても、スマホと必ず連動する仕組みになっている。

スマホを使ってみたこともないような人にスマホと連動したポイントカードの仕組みを理解させようとしてもそれは無理な話だと思う。

それに今の時代、そもそも、20代のアルバイト店員を雇うことだって難しいのだ。

こうやって考えてみると、コンビニ業界はスマホに対応することは非常に難しい業種と言える。

どうやってスマホ対応サービスを60過ぎたスマホを使ったこともない人に教えればいいというのだろうか。

そんな厳しい業種となってもコンビニのフランチャイズ募集は全く減らないと思う。

土地の有効活用でもう何をやろうと活用のしようがないし、土地を持っている人はほかっておいても多額の固定資産税をとられてしまうので、なんとしてでも手持ちの土地資産はキャッシュを生み出す資産にしたいはずだ。

不動産の資産価値などをすぐに教えてくれるイエウールなどの不動産情報サイトなどは、そんな需要を取り入れて爆発的な人気サイトになっている。

30代後半女性のスマホの使い道

今の30代後半女性たちが、スマホで何を検索して見ているか疑問に思ったことはないだろうか。

おしゃれや友達とのコミュニケーションなどいろいろあるように思えるが、意外に30代後半の女性たちの間で人気になっているスマホのコンテンツは不動産なのだ。

住まいの情報などに現在の30代後半女性は超敏感になっている。

すでに結婚していてマイホームをもちたいと願ってスマホで検索している女性も多いだろうが、基本は少しでも安い賃貸マンションに住みたいがために必死になって検索している。

今のスマホで検索できるイエプラなどの不動産情報サイトは、ゲーム感覚でいろいろな物件を検索することができる。

それに、格安な物件を探し当てることもできる点で非常に女性をトリコにしやすいと言える。

5年もすれば、この不動産情報サイトは、一大産業となって日本の基幹産業となる可能性もあると思う。

それは女性のニーズの数が桁違いだからだ。

おそらく、都市部だけのニーズだけで、100万単位のユーザーがいると思う。

家賃の高さに悲鳴をあげている人はすごい数いるのだ。

この不動産情報サイトは低成長時代の隠れた成長産業と言えると思う。

スマホの普及で最も人気となった業界

スマホが日本社会に普及してもう5年くらいが過ぎた。2016年は、格安スマホがどんどん普及して、もう日本人のスマホユーザーの10%が格安スマホのユーザーとなってしまった。

この格安スマホの普及の動きはもう止まらないだろう。

5年で全スマホユーザーの半分は、格安スマホユーザーとなるだろう。

そうなると、いろいろと格安スマホのユーザーがいろんなスマホコンテンツを楽しむことになるが、その筆頭がアダルトコンテンツだ。

これは、もう、人間のどうしようもない部分の衝動だから止めることは不可能だろう。

そして、もう1つ注目すべき動きがコスメ人気だ。

スマホの女性ユーザーの約半分がコスメ情報をスマホで見ているという調査結果があるほど、スマホでコスメのことを調べる人は多い。

だから、今まででは考えられなかったことが起きている。

例えば、ある美容外科クリニックと提携して開発された全く新しいコスメのホスピピュアなどはほとんどスマホ情報の口コミで女性の間でウワサが拡大して人気商品となっている。

2年ぐらい前ではこんなことは考えられなかった。

スマホ間のウワサで、コスメが売れてしまえば、もう、テレビなどを使った広告戦略が必要なくなってしまう。

格安スマホを中心としたスマホの普及は商品に関するマーケティングの考え方を根本から変えるかもしれない。

格安スマホが日本を変える

優秀なMVNOが日本にはたくさん現れて格安スマホが爆発的に普及している。このペースなら、日本はあと数年で世界に冠たるスマホ大国になるだろう。

キャリアスマホの会社は、格安スマホの会社にシェアを奪われて大リストラとなるのではないか。

格安スマホ普及の勢いはそれぐらいのスピードだ。

そんな中で、最も、格安スマホ普及に貢献している会社の1つがユーモバイルだ。ユーモバイルはすさまじい会社だ。

得意の音楽放送の分野に絞った格安スマホサービスにいろんな会社と組んだ新しい革新的なサービスを展開している。へたをすると来年は格安スマホのシェアで1位の会社になっているかもしれない。

この格安スマホの普及で1番大きな変化をとげるのが、教育の分野だと思う。

もう、数学なら数学、歴史なら歴史と、1番優秀な教師のストリーミング映像をスマホで見れば授業を受けなくてもよくなる。

ということは、大量に予備校教師が失業することになるが、これは時代の変化だからどうしようもないことだ。

教育産業にとっては、格安スマホの不況はとんでもないことになるがスマホユーザーの立場になればこれだけすばらしいスマホの環境が整えられればお小遣いや時間の節約が非常に進む。

そうなったら、へたな景気対策よりも効く効果を日本経済は受けることになる。

格安スマホの普及は、実質、減税政策と同じだ。

スマホを景気対策で利用しよう

政府がいろんな景気対策を考えて、数兆円規模の予算を組んでがんばっている。

いろいろと知恵を絞って考えているが、どうして従来型のお金をかける景気対策ばかり考えるのか。

お金をかけなくても、スマホを使っていろんな景気対策が打てる。それは教育だ。例えば、政府が日本で1番数学を教えるがうまい学校の先生を雇ってスマホで無料の数学教室をやったらいい。

1人1億円で雇っても10人で10億円だ。その教室を無料で開放すれば塾代はいらなくなる。

すごい効果を生む景気対策だと思う。

それから、認知症対策や、糖尿病対策などいろんな健康対策のための健康講座なども政府が1番いい医者を雇ってスマホで無料開放すればいい。

1人1億円で、これも10億円だ。

これで、糖尿病やボケ老人対策が劇的に進むはずだ。両方でたった20億円。

おそらく、この2つの景気対策で、医療費は劇的に下がり、日本の若い男女の教育水準もかなりアップする。費用対効果は100倍ぐらいあると思う。

子供の行方不明対策のためのスマホ

最近、山中でよく子供たちが行方不明になる事件が増えた。痛ましい事件だが、こういう問題に最も上手く対応できるデバイスがスマホであることは疑いない。

スマホを子供1人に必ず持たせることを国が義務化すればいいと思うが、贅沢だなんだといろんなことを言う人がいるのが事実だ。

それなら、教育関連情報専門の情報だけを見ることができる子供用スマホを作ればいい。

それと、その子が道に迷ったような動作をした場合、自動的にそのスマホがその子供の位置を衛生情報で警察に知らせるシステムなども作ればいいと思う。

この財政難の時に国がそこまでできるのかなんて言われそうだが、どこかの国の海外援助に4000億円だとか、国連に何千億円だとかそんな援助は半減してしまえばとてつもないお金が日本政府には生まれるのではないのかといつも思う。

それから、大事なことは、政府が主導で、へんな国策のスマホ端末などを子供用に作ることはやめた方がいい。

必ず失敗して、官僚の天下り先にされてしまうのがおちだ。

こういう政策は民間の技術革新が進んだスマホ会社に一任することが望ましい。

今はMVNOがいろんな画期的なサービスを提供していて、子供向けサービスはトーンモバイルが1番面白いもの製造している。

だから、政府は、へんなことを考えず、格安スマホ業界に対して3年間の減税措置をとったりすることを考えればいい。

そうすれば、ただの減税措置で、子供用スマホは、日本中で、大流行して子供の行方不明事件などは激減するだろう。

そして、もう1つ大事なことは、スマホ対応のオンラインゲームにへんな規制をかけないことだ。

現在、神姫PROJECTのような多少アダルト色の強いスマホ対応のオンラインゲームが大人気だ。神姫PROJECTがプレイしたくて、スマホを買う若い人も多い。

だから、政府が今へんな規制をかけると日本人全体にスマホが普及するスピードが非常に遅くなる。これは国家的損失だ。

アダルトビデオの普及が日本の家庭にビデオの普及を拡大させた例があるように、スマホも多少のアダルト色が強いコンテンツも許容させる雰囲気がないとスマホによる安全技術の発展も遅れてしまうだろう。

今の日本政府には大人の対応が求められる。

スマホが進化して治安対策は超ハイテクとなる

スマホの進化が失業問題を深刻にさせることは非常に問題だと思う。

しかし、悪いことだけではない。スマホがとんでもなく進化することによって治安対策が超ハイテクになることは確実だ。

例えば、一人暮らしの女性の部屋に男性が侵入したりした場合、スマホにあらかじめ仕掛けられていたセンサーが見知らぬ人間だということをすぐに判断して警察や警備会社に情報を送信するなどというサービスももうすぐ実現するはずだ。

しかも、この男性がすぐに逃げたとしても、どういう人間だったのかという情報をセンサーで判断できるようになる。

つまり、その人間の温度や顔つきなど瞬時に情報は、解析されて刑事事件化した場合、有力な証拠となってしまう。

こういうシステムが実用化されれば、あらゆるところで、犯罪は激減するはずだ。

スマホがこれから革新的な進歩を向かえる

スマホ時代になるということは今までたくさん識者がいろんな意見を言ってきた。

それでも、1番に影響を与える分野は医療分野であることを指摘する識者は少ない。人口知能が本格化して1番革新的な進歩を向かえるのは医療分野だ。

これは劇的な進化を向かえる。例えば、今、胃カメラ、ガン検診、血圧、糖尿病などこれらの検査をしようと思えば交通時間も含めれば軽く2時間ぐらいかかるようになる。

しかし、スマホから照射される赤外線を少し自宅であてるだけで、このすべての検査が一瞬で終わってしまうことが実現したらどうなるだろうか。

おそらく、医療分野に従事する人間の半分はリストラされるような世の中になってしまう。

信じられないことかもしれないだろうが、このような技術は人工知能の発達によってもう5年もすれば実現してしまう。

本当にとんでもない世の中がこれから実現しようとしている。

この医療分野の革新的な動きによって1番の問題になるのは、大量の失業者になるだろう。

しかし、悪い面ばかりではない。老人医療費の問題が現在、大問題と言われているが、このスマホの革新的な技術の進歩によって一気に日本の老人医療費の問題は解決に向かうはずだ。

老人医療費が安くなるとあまったお金を高齢者が他のことにつかうようになる。

そうなった場合、高齢者主体の新しい産業が生まれることになる。

だから、スマホの技術革新は、日本経済を根底から変えるすごい地殻変動を起こす可能性が秘めていると言っていいと思う。